TEL
MENU

たこと魚の目の対処法

立川市・昭島市・武蔵村山市のおおくぼ整骨院でたこと魚の目の対処法をお伝えします

このようなお悩みはありませんか?

  • たこと魚の目の対処法について教えてほしい
  • たこと魚の目ができてしまって素足が出せない
  • 足裏や指にたこと魚の目ができてしまった
  • 皮膚の一部がかたくなってゴワゴワしている
  • 歩くたびに強い痛みが出る

立川市・昭島市・武蔵村山市のおおくぼ整骨院では、たこと魚の目の対処法についてもレクチャーしています。
たこと魚の目でお悩みであれば、お早めに立川市・昭島市・武蔵村山市のおおくぼ整骨院までご来院ください。

なぜたこと魚の目が起きるのか?

人間の皮膚はそもそも、

  • ・真皮
  • ・表皮
  • ・皮下脂肪

の3つから構成されています。
そして皮膚の最も高いところの角質層ができているのです。
角質層が一番分厚くなります。
この角質層が部分的に刺激を受けることで、皮膚は自らを守ろうとして、たこと魚の目ができてしまいます。解消していくにはたこと魚の目の対処法を正しく実行していく必要があるでしょう。

注意!痛みがなくても早めにたこと魚の目の対処を

たこと魚の目は、皮膚が肥大化しても痛みは特にない場合もあります。
しかし痛みがないからといって放置していても、たこと魚の目は自然治癒が難しい症状でもあります。これがたこと魚の目の厄介なところでもあります。

素足を出す機会が多い人なら尚更、たこと魚の目の対処法を正しく行っていく必要があります。
かえって症状を悪化させてしまうこともあるでしょう。
立川市・昭島市・武蔵村山市のおおくぼ整骨院では、たこと魚の目の対処法をしっかりお伝えしていきますので、お気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

おおくぼ整骨院

所在地〒190-0033 東京都立川市一番町2-36-48-1F
駐車場7台あり
電話番号042-569-6124
休診日 日曜・祝日
予約

診療時間内であればいつでも来院可能

院長大久保 学