野球肩|立川市の整骨院|土曜営業

受付時間

おおくぼ整骨院 0425696124

おおくぼ整骨院 アクセス

おおくぼ整骨院 LINE

野球肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • ボールを投げるとき方が痛い方
  • 野球をした後に肩が痛い方
  • 野球が終わった後に痛みが中々ひかない方
  • 腕を上げた状態で維持できない方
  • 肩をある程度上げて行くと痛みが出る方

上記のような方は立川市のおおくぼ整骨院で野球肩の痛みや、症状を改善しませんか?
立川市のおおくぼ整骨院では野球肩の根本的な改善を目指し快適な日常生活をサポートをしてまいります。

野球肩とは|立川 おおくぼ整骨院

野球肩はインピンジメント症候群、滑液包炎、棘上筋断裂、関節唇損傷、棘下筋断裂などがあります。
滑液包炎は、肩を動かす際に筋肉と筋肉が擦れないようにするために滑液泡という摩擦を減らしたり、関節の動きをよくするための潤滑油を出す袋が、肩の肩峰という部分にあります。

この袋は、鎖骨の延長で肩峰と肩関節を構成する上腕骨頭の間にあって、肩関節の保護、肩関節の動きをスムーズにする働きがあります。

滑液泡が、肩峰に繰り返し衝突することによって滑液泡が炎症を起こし肥大した状態のことを指します。
この衝突の繰り返しは、繰り返しの投球動作や加齢、生まれつきの骨格などが原因となって起こってしまいます。また、投げ方の悪さや投げる際の身体の動きの悪さなども関係してきますし、加齢により肩峰の骨棘という棘が出来きる為滑液泡が炎症を起こす場合や、骨格上肩峰が下がっている場合にも起こります。

野球肩の症状|立川 おおくぼ整骨院

野球肩の症状は、肩を上げた際に肩の前か後ろに痛みが出るか、その両方に痛みが出てきます。

特に投球時の1番肩を開いた状態の時に痛みを感じやすくなり、さらに、肩関節に何か引っ掛かる感じがでることもあります。
安静にしていると軽症の場合は痛みが軽減してきますが、痛みがなくなったからと言って投球を再開すると、また負痛みが出てきて野球肩の症状を悪化させたり、滑液泡だけでなく腱板と呼ばれる肩関節のあるインナーマッスルも損傷してしまう事もあります。

安静にすると痛みが軽減して、治療しない場合がありますが、投球動作を行うと、日常生活にも支障がでて、症状が強くなってから通院すると治療期間が長くなってしてしまいます。
そういった際は、投球フォームを見直し、肩関節に負担のかからないフォーム習得を目指し、指導をしていきます。

当院で解決できない際は、当院の近くで元プロ野球選手で野球塾をしている方や同じく元プロ野球選手で引退後は、裏方で球団に努めて現在は、野球のグローブ専門店を営んでいる方のご紹介もしております。

原因は滑液泡の炎症のため、投げすぎや過度の負担が要因となります。
また野球だけでなく、クロールやバタフライなどの水泳・バレーボールなどのオーバーハンド動作でも痛みが生じることもあります。

立川市のおおくぼ整骨院での野球肩の施術方法|立川 おおくぼ整骨院

立川市のおおくぼ整骨院では、野球肩に対しては基本的に物理療法・手技療法、運動療法などを行い、野球肩の症状を早く抑えるようにします。また、痛みが再発しないように運動学的に見て適した投球指導などもしております。

また、当院で解決できない際は、当院の近くで元プロ野球選手で野球塾をしている方や同じく元プロ野球選手で引退後は、裏方で球団に努めて現在は、野球のグローブ専門店を営んでいる方のご紹介もしておりますので、アドバイスや練習方法などを教えてもらえます。
患者さま一人一人の状態を分析し、今の状態に対して最適な施術方法を選択し、施術方法を決めていきます。

執筆者:柔道整復師
代表 大久保 学

整骨院での勤務と並行して、トレーナー活動にも従事。
柔道整復師の資格を習得後、おおくぼ整骨院を開業。
勤務時代から様々なセミナーや勉強会に参加して得た技術や知識を元に、ケガや痛みに対して適切な施術を行っています。
特に、交通事故施術、産後骨盤矯正、スポーツ関係の症状、巻き爪、慢性の症状を得意としています。

お問い合わせ

おおくぼ整骨院

0425696124

住所
〒190-0033
東京都立川市一番町2丁目36−48 1F
駐車場
7台分完備

おおくぼ整骨院 アクセス

受付時間

\随時急患対応!!/

電話番号0425696124

おおくぼ整骨院 LINE