脊柱管狭窄|立川市の整骨院|土曜営業

受付時間

おおくぼ整骨院 0425696124

おおくぼ整骨院 アクセス

おおくぼ整骨院 LINE

脊柱管狭窄

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 病院で脊柱管狭窄と診断され、手術が必要と言われた方
  • できるだけ手術はしないでなんとかしたい方
  • 歩くと痛みがでて長く歩くことができない方
  • 病院では痛み止めの処方や注射しかなく、不安に思っている方
  • 腰やお尻の痛み、足の痺れが酷くなってきた方

上記のような方は、立川市のおおくぼ整骨院で脊柱管狭窄症からくる痛みや症状を改善しませんか?

立川市のおおくぼ整骨院では、様々な痛みや症状を引き起こしてしまう脊柱管狭窄症の改善する施術があります。

根本的な改善を目指し快適な日常生活をおくれるようにサポートしてまいります。

脊柱管狭窄とは?|立川 おおくぼ整骨院

脊柱管狭窄とは、脊髄が通っている背骨の中にある「脊柱管」という一部が通常より部分も狭くなり、神経・血管などが圧迫されて起こる状態のことを言います。

加齢に伴う変性が大半を占めていて、脊髄の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて、長く歩くと足や腰が痛くなり休み休みでないと歩けない(間欠性破行)、足がしびれるなどといった状態が現れます。

また、前かがみの姿勢で休むと圧迫されている部分が軽減されて、痛みなどの症状が軽減されます。(身体を後屈すると神経の圧迫が強くなり痛みなどの症状は強くなります)

脊柱管狭窄は、硬膜嚢周囲にある靭帯の肥厚や椎間板の突出によって硬膜嚢が狭くなり、神経が圧迫されることで起こります。

腰部脊柱管狭窄の中で最も多いのは、馬尾神経や神経に伴走する血管が圧迫されます。

神経や血管が圧迫されることで発生するため、前かがみの姿勢になると圧迫が解消されて症状が和らぎます。

杖やシルバーカーでも状態が緩和し、症状がでにくくなりますが、コルセットや痛み止めを併用しながら日常生活する場合もあります。

また、状態や症状が悪化すると手術の適用になりますが、そうならないためのリハビリがとても重要となってきます。

立川市のおおくぼ整骨院では、脊柱管狭窄に対する適切な施術とアドバイスなどを行い、手術しないで症状が緩和できる身体作りをサポートしております。

脊柱管狭窄の原因|立川 おおくぼ整骨院

脊柱管狭窄の多くは、加齢が原因となることです。

椎体と椎体の間にある椎間板が、加齢とともに水分量が減少し、弾性力を失ってしまい、後部に飛び出して変性していきます。

また、椎間板が変性して本来の役割を果たせなくなり、背骨が不安定になってしまいます。

このような状態によって過剰なストレスを受けた靭帯が肥厚して分厚くなることで、脊髄が通る脊柱管が狭くなり狭窄が発生します。

日常生活で腰や腰痛に負担がかかりやすい姿勢や動作を繰り返すことで誘発されることがあります。

交通事故の怪我や骨粗鬆症・喫煙・運動不足・圧迫骨折なども要因の一つです。

脊柱管狭窄の状態|立川 おおくぼ整骨院

神経の圧迫の状態によって違いますが、馬尾神経が圧迫されることにより、間欠性跛行と呼ばれる症状が出現するのが代表例です。

間欠性破行とは、ある一定の距離を歩くと下肢にし痺れや痛みが出てきて、少し休むと再び歩けて、またある一定距離を歩くと痛みや痺れがでてくるという状態を繰り返してしまうことを言います。

休めば歩ける状態もあれば、重症の場合はほとんど歩けないということもあります。

また、下肢の痺れや痛みを自覚できる脊柱管狭窄もあり、片足のしびれから始まり、徐々に両足にしびれが広がるという経過をたどります。

重症では、排尿障害がおきてしまうこともあります。

症状が悪化する前に、立川市のおおくぼ整骨院で適切な施術を行うことが大切になります。

立川市のおおくぼ整骨院の脊柱管狭窄に対する施術|立川 おおくぼ整骨院

整形外科では主に、痛み止めや注射など施術が中心となり、痛み止めやコルセットなどの装具・神経ブロックや、運動指導などの手段を行っているところもあります。

保存的には改善しなく、日常生活動作に支障がでてくる状態では、手術となることもあります。

しかし、脊柱管狭窄は高齢者に多く、合併症や再発のリスク、手術の負担を考えると難しい場合が多いと言われています。

脊柱管狭窄の施術

病院や整形外科で脊柱管狭窄と診断されて、「脊柱管狭窄は手術をするしかないと思っていました」という諦めていた方から言われたことがあります。

多くの方は、過去に病院や整形外科に通院していて、痛み止めや注射、コルセットなどで、様子をみて担当ドクターより「悪化したら手術ですよ」と言われた経験がある方が多いです。

しかし「手術をしたくない」、「手術をせずになんとかしたい!」と考えている方も多いかと思います。

そこで立川市のおおくぼ整骨院では、脊柱管狭窄の施術とリハビリに力を入れて様々な症状の改善目指しております。

「施術を受けてこんなに楽になるのであれば、もっと早く来ればよかった!」と喜びの声をいただきいたこともあります。

なぜ、立川市のおおくぼ整骨院で施術を受けて、脊柱管狭窄が解消したのでしょうか?

それは、脊柱管狭窄で変形した骨や椎間板を元に戻すことはできませんが、腰部や腰椎への負担を減らすことで、神経にかかる負担を減らし、血流が良くなるようにアプローチすることはできます。

また、土台である骨盤や背骨全体のバランス・動きを調整することで腰部や腰椎への負担を減らすことができます。

脊柱管狭窄が起きている部分だけをみるのではなく、そこに関係している周囲からアプローチしていくことで症状が改善していきます。

病院や整形外科で、痛み止めや注射をしてもなかなかよくならなかった方は、試しに是非、立川市のおおくぼ整骨院の脊柱管狭窄症の施術を受けてみてはいかがですか?

脊柱管狭窄の症状が解消するとこんなに良いことが!

  • 長時間歩けるようになってくる!

  • 痛み・痺れが以前より楽になってくる!

  • 前かがみ姿勢を取らなくなった!

  • 手術をする心配がなくなって安心できる!

  • 痛み止めや注射・コルセットの必要がなくなった!

執筆者:柔道整復師
代表 大久保 学

整骨院での勤務と並行して、トレーナー活動にも従事。
柔道整復師の資格を習得後、おおくぼ整骨院を開業。
勤務時代から様々なセミナーや勉強会に参加して得た技術や知識を元に、ケガや痛みに対して適切な施術を行っています。
特に、交通事故施術、産後骨盤矯正、スポーツ関係の症状、巻き爪、慢性の症状を得意としています。

お問い合わせ

おおくぼ整骨院

0425696124

住所
〒190-0033
東京都立川市一番町2丁目36−48 1F
駐車場
7台分完備

おおくぼ整骨院 アクセス

受付時間

\随時急患対応!!/

電話番号0425696124

おおくぼ整骨院 LINE