外反母趾|立川市の整骨院|土曜営業

受付時間

おおくぼ整骨院 0425696124

おおくぼ整骨院 アクセス

おおくぼ整骨院 LINE

外反母趾

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足の親指の付け根の骨が飛び出している方
  • 足の親指の先が第2指の方に「くの字」に曲がっている方
  • 付け根の関節が内側に突き出している方
  • ハイヒールを履く事が多く、靴を脱ぐと赤く腫れている方
  • 歩くと痛みが出てくる方

上記の方は、立川市のおおくぼ整骨院で外反母趾の痛みを改善しませんか?

根本的な改善を目指し快適な日常生活をおくれるようにサポートしてまいります。

外反母趾とは?|立川 おおくぼ整骨院

外反母趾は、足の親指の先が第2指の方に「くの字」に曲がり、親指の付け根の関節が内側に突き出たところが痛みます。また、内側に突き出した部分は赤く腫れ、痛みがあります。突き出した部分が靴に当たって炎症を起こし、酷くなると靴を履いていなくても痛むようになります。外反母趾は、ハイヒールを履く女性に多く、足に負担がかかりやすい方に多く見られます。また、年齢は幅広く、10歳~高齢者までと幅広く起こり、圧倒的に女性に多いです。

外反母趾はどうして起こるの?|立川 おおくぼ整骨院

外反母趾の多くの原因は、靴を履くことで、幅が狭く、つま先が細い靴を履くことで、足の親指が圧迫されて変形します。例えば、ハイヒールをよく履く女性の方は、靴のつま先が細いため、足の親指の付け根が圧迫され負担がかかる事が多く、外反母趾になる確率がとても高くなります。

また、ハイヒールは履かないのに、外反母趾の症状がある方は、遺伝的要因や、親指が第2指より長い、偏平足、関節リウマチ、などに起こる事が多く見られます。また、足は縦アーチと横アーチがあり、外反母趾の方は、2つのアーチが崩れて偏平足になると、母指の中足骨が扇状に内側に広がって先の指は靴で圧迫されて起こります。

外反母趾を放っておくと危険?|立川 おおくぼ整骨院

外反母趾が進行してくると、足の親指の変形は進行し酷くなります。そのため、足の親指の付け根の内側の突出部分が、靴に当たったり圧迫されることで、皮下滑液包炎を生じ、痛みや、腫れが出てくる原因となります。

さらに変形の進行が進むと、親指が第2指、第3指の下に入り込んできたりして巻き爪の原因になってくることもあります。変形が酷くなり、靴を脱いでも常時痛みがでてくるようだと手術が必要になります。

立川市のおおくぼ整骨院の外反母趾の施術は、テーピングや包帯固定など症状によっては行い、外反母趾の予防法の運動などの指導も行っております。

執筆者:
代表 大久保 学

整骨院での勤務と並行して、トレーナー活動にも従事。
柔道整復師の資格を習得後、おおくぼ整骨院を開業。
勤務時代から様々なセミナーや勉強会に参加して得た技術や知識を元に、ケガや痛みに対して適切な施術を行っています。
特に、交通事故施術、産後骨盤矯正、スポーツ関係の症状、巻き爪、慢性の症状を得意としています。

お問い合わせ

おおくぼ整骨院

0425696124

住所
〒190-0033
東京都立川市一番町2丁目36−48 1F

おおくぼ整骨院 アクセス

受付時間

\随時急患対応!!/

電話番号0425696124

おおくぼ整骨院 LINE