受付時間

おおくぼ整骨院 0425696124

おおくぼ整骨院 アクセス

坐骨神経痛

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足に痺れがある
  • 歩いているとだんだん足に痺れがでてくる
  • 座って同じ姿勢をしていると足が痺れてくる
  • 立っているとお尻が痛くなってくる

坐骨神経痛とは?|立川 おおくぼ整骨院

坐骨神経痛とは、傷病名ではなく症状を表すものです。坐骨神経は、仙骨から出てくる神経を総称して呼び、様々な原因で坐骨神経が圧迫されることにより発生します。坐骨神経は、長い神経で、圧迫をうけることにより臀部や大腿、下腿、足部と症状が現れる場所も多いです。

原因となるものとして腰部に対する過度な負担により筋肉が硬くなり神経や血管を圧迫して起こったり、お尻にある梨状筋という筋肉の間を坐骨神経は走行しますが、梨状筋が硬くなり坐骨神経に触れてしまい、坐骨神経痛を発症する梨状筋症候群などにより引き起こされます。

坐骨神経痛の症状としては臀部や大腿、下腿、足部への痛み、しびれ、張り、灼熱感などがあるが、これらが下肢全体もしくは一部に発生します。

なぜ坐骨神経痛が起こるの?|立川 おおくぼ整骨院

坐骨神経痛は症状のため、臀部や大腿部・下腿部・足部に痺れや痛みなどが出現しますが、起こる原因は様々です。

何らかの原因により坐骨神経の通り道にある、筋肉が硬くなることにより、神経の通り道が狭まり、神経に触れてしまい、坐骨神経痛の症状がでてしまうことが多いです。

代表的なものとして、梨状筋症候群といって、お尻の筋肉が硬くなり坐骨神経に触れてしまい、坐骨神経痛が出現してしまうことです。

また、腰部のヘルニアや脊柱管狭窄症などが原因で坐骨神経痛が起こることもあります。

坐骨神経痛でのお悩みならお任せ下さい!|立川 おおくぼ整骨院

坐骨神経痛は、神経の通り道の筋肉が硬くなり神経に触れてしまうものが多いため、原因となっている筋肉を特定し、その筋肉を緩めてあげ、坐骨神経の通り道をしっかりと確保してあげることから始まります。

背骨を支えている筋肉の状態が悪化してくると健康の悪化で起こるとは限らず、ボディバランスの崩れからも起こります。

基本的には、筋肉が硬くなり、神経や血管を圧迫してしまい、そのために、神経に触れてその神経領域に疼痛や痺れが発生します。

痛み止めを飲んでも症状を感じさせていないだけで、症状の改善にはなっておりません。

坐骨神経痛を改善するには、立川市のおおくぼ整骨院にお任せください!!

当院では、身体の検査を行い、症状に応じて理学療法や牽引療法・手技療法・運動療法・骨盤矯正・筋肉調整などを行い坐骨神経痛の症状の抜本的に改善していく施術をご提供しております。

坐骨神経痛にお悩みの方は立川市のおおくぼ整骨院にお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

おおくぼ整骨院

0425696124

住所
〒190-0033
東京都立川市一番町2丁目36−48 1F

おおくぼ整骨院 アクセス

受付時間