野球肘|立川市の整骨院|土曜営業

受付時間

おおくぼ整骨院 0425696124

おおくぼ整骨院 アクセス

おおくぼ整骨院 LINE

野球肘

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 肘の内側が痛い
  • リリース〜フォロースルーにかけて痛い
  • リリースに移行する際に痛い
  • 投球後関節が引っかかる感じがする

上記のような症状がある方は、立川市のおおくぼ整骨院で野球肘の症状を改善しませんか?
立川市のおおくぼ整骨院では野球肘の根本的な症状改善を目指し、快適な日常生活を送れるサポートをしてまいります。

野球肘とは?|立川 おおくぼ整骨院

野球の投球時による肘の痛みの総称ですが、ゴルフやテニスで発生する場合もあります。
野球肘は成長期の過度な投球の繰り返しによって発生し、別名リトルリーガー肘とも言います。

症状|立川 おおくぼ整骨院

野球肘には大きく肘の内側が痛くなるものと、外側が痛くなる2種類があります。

1内側型

野球肘の多くがこちらに分布され、肘の内側に痛みが生じます。
また、日常動作にも影響を与えている場合もあります。

野球の動作では投球時のリリース動作へと移行する際に、肘に強い外反力(肘が外側に引っ張られる力)が加わる為肘の内側に付着している腕を内側に捻る回内筋群が強く収縮され、お互いの力が拮抗する事により痛みが生じます。
また、筋肉だけでなく内側側副靭帯にも強い引っ張りのストレスがかかります。

2外側型

肘の外側にいたみを生じます。
野球の動作では、リリースからフォロースルー(投げてから投げ終わりに移行する際)にかけて痛みが生じます。

上腕の外側の小頭という部分と、橈骨(前腕の2本ある骨のうちの一つ)がフォロースルーにかけて強い外反力がかかる為この骨が衝突し痛みを生じます。
初期の症状は軽いですが、この痛みを我慢し続けると、遊離軟骨といい、通称関節ねずみといい、肘の関節の軟骨が剥がれ、肘の関節に挟まってしまう事により、ロックがかかったような肘の動きにくさや、痛みを生じてしまう事もあります。

原因|立川 おおくぼ整骨院

成長期の子どもは、まだ筋肉が未発達で骨に柔軟性が高い為、過度の投球・間違った投球フォームなどが原因となり、肘に負担がかかってしまうと、肘に痛みが生じ野球肘を引き起こします。
間違った投球フォームを続けていると、正しい身体の使い方ではない為、肘の痛みだけでなく、他の部分にも痛みを生じる可能性がありなるべく早く解消する必要があります。

立川市のおおくぼ整骨院では、野球肘に対しては基本的に物理療法・手技療法・固定法・運動療法を行い、野球肘の症状を早く抑えるようにします。
患者さま一人一人の状態を分析し、今の状態に対して最適な施術方法を選択し、施術方法を決めていきます。

執筆者:柔道整復師
代表 大久保 学

整骨院での勤務と並行して、トレーナー活動にも従事。
柔道整復師の資格を習得後、おおくぼ整骨院を開業。
勤務時代から様々なセミナーや勉強会に参加して得た技術や知識を元に、ケガや痛みに対して適切な施術を行っています。
特に、交通事故施術、産後骨盤矯正、スポーツ関係の症状、巻き爪、慢性の症状を得意としています。

お問い合わせ

おおくぼ整骨院

0425696124

住所
〒190-0033
東京都立川市一番町2丁目36−48 1F
駐車場
7台分完備

おおくぼ整骨院 アクセス

受付時間

\随時急患対応!!/

電話番号0425696124

おおくぼ整骨院 LINE