TEL
MENU

腸脛靭帯炎

腸脛靭帯炎でお悩みの人は立川市・昭島市・武蔵村山市のおおくぼ整骨院まで

このようなお悩みはありませんか?

  • 大腿骨外顆周辺だけ圧迫されたような痛みがある
  • 靱帯の走行に沿って疼痛が出る
  • ランニング後に痛みが出るようになった
  • ランニングを続けているうちに痛みが増して簡単には消えない

なぜ腸脛靭帯炎が起きるのか?

脛靱帯炎はランナー膝とも呼ばれていて、様々な原因で発生します。
スポーツをきっかけにして腸脛靭帯炎になってしまう場合は、オーバーユースが原因の場合が多いです。

また、最近ではスマホを多用することによって、脛靱帯炎になってしまう方もいらっしゃいます。
一日中スマホを観ている平均的な時間が1時間以上ある人は、8割近くにのぼると言われています。

スマホをみていると、背中や顔が下向きになります。
この状態が、腸脛靭帯炎を招いてしまうのです。
スマホを使いすぎて猫背になってしまうと、骨盤はだんだん後傾してきてしまいます。
骨盤が後傾してくると、次は股関節が外旋してきます。
股関節が外旋してくるとO脚になりやすく、この状態でランニングを行うと、腸脛靱帯炎になりやすくなります。

注意!腸脛靭帯炎でスポーツができなくなることもある?

最近はランニングを行う人が増加してきていますが、腸脛靭帯炎はランニング初心者の人は特に誘発しやすく、オリンピックの出場選手や箱根駅伝選手などにも度々起こってしまいます。

このように、腸脛靭帯炎は選手生命も奪いかねない疾患なので、早めの対処が必要です。
立川市・昭島市・武蔵村山市のおおくぼ整骨院で早期に施術を受ければ早期に回復すると期待できます。腸脛靭帯炎の再発を予防したいというあなたも、立川市・昭島市・武蔵村山市のおおくぼ整骨院までぜひご来院ください。

スポーツ外傷特別治療(セーバー病・足首捻挫・突き指・足底筋膜炎・腸脛靭帯炎)

片方 両方
初診 5,000円 7,000円
2回目以降 4,000円 6,000円

初回もしくは2回目には大きな改善がみられる特別な治療です。スポーツの練習や試合にすぐに復帰したい患者様向けの施術メニューとなります。通常の保険治療よりもより早く症状改善を実現することができます。

当院へのアクセス情報

おおくぼ整骨院

所在地〒190-0033 東京都立川市一番町2-36-48-1F
駐車場7台あり
電話番号042-569-6124
休診日 日曜・祝日
予約

診療時間内であればいつでも来院可能

院長大久保 学