TEL

外反母趾と内反小指 | 立川市 昭島市 武蔵村山市 おおくぼ整骨院

お問い合わせはこちら

外反母趾と内反小指

外反母趾と内反小指のお悩みがあれば立川市・昭島市・武蔵村山市のおおくぼ整骨院まで

このようなお悩みはありませんか?

外反母趾と内反小指などになってしまうと、外反母趾では親指の付け根が痛くなり、内反小指では小指が痛くなり、歩行しづらくなってしまうことがあります。
外反母趾と内反小指の痛みでお悩みの人がいましたら、お気軽に立川市・昭島市・武蔵村山市のおおくぼ整骨院までご来院ください。

なぜ外反母趾と内反小指が起きるのか?

人間の皮膚はそもそも、

内反小指は、外反母趾になっている人が引き起こしやすい症状と言われていますが、内反小指だけでも発症することがあります。
先の細い靴を履いている時に多く発症するものというイメージがありますが、先細の靴を履いていなかったとしても小指が圧迫を受けて、内側に曲がってきてしまうことがあります。

外反母趾と内反小指でお悩みの人がいましたら、お気軽に立川市・昭島市・武蔵村山市のおおくぼ整骨院までご来院ください。

注意!外反母趾と内反小指の裏に隠れている病気

外反母趾と内反小指を放置していると、腰にも負担がかかり腰痛になってしまうことがあります。
外反母趾と内反小指を改善していくためには、根本的に歩き方を変えることも大切です。
正しい歩き方や自分に合った口の選び方に関しての考え方が変わらない限り、一生外反母趾と内反小指にストレスを抱えてしまうことになってしまいます。

足裏からの腱の張りを取り戻して、足指を前に向かって伸ばす腱の動きを作っていくことも大切です。

痛みが出ている親指の付け根を体重が通過するので、しばらく痛みは消えず、歩く時に足をかばうことにもなるでしょう。
これではストレスになってしまうため、お早めに立川市・昭島市・武蔵村山市のおおくぼ整骨院で施術を受けてみてください。